南九州大学・人間発達学部附属 環境教育センター

nankyueec.exblog.jp
ブログトップ

Mini-cafe4:「学校教育とESD」学習会を開催します

**************************************************
先生向けの学習会
    Mini-cafe 4:「学校教育とESD」学習会 を開催します
**************************************************

人間発達学部附属・環境教育センターでは、環境教育・ESDに関する活動を
行っています。ESD(Education for sustainable Development)は
「持続可能な社会づくりの担い手を育む教育」です。

 学校教育に携わる先生向けの学習会「Mini-cafe 」は、「総合的な学習の時間」と
「ESD」という観点から、提供される話題をもとに、参加者自らがそれぞれの教育に
ついて考える場です。

「Mini-cafe 4」では、次期指導要領で取り入れられる「学校教育における
アクティブ・ラーニング」をどのように指導するのか、がテーマです。

今回は、本学「子ども教育学科の学生を対象とした農業実習」と
「小学校の総合的学習における米作りの教育実践」など、
「農」を活かした問題解決的な授業実践事例から考えていきます。

 第3回に引き続き、今回のキーワードも、学習指導要領の見直し、
アクティブ・ラーニング、カリキュラム・マネジメント、
総合的な学習の時間、ESD、です。

*テーブルを囲み、お茶を飲みながらの学習会ですので、お気軽にご参加ください。
*なお、今回はTV会議システムにより、宮崎キャンパスの会場でも参加できます。
いずれかの会場でご参加ください。

**************************************************

タイトル:「学校教育におけるアクティブ・ラーニング -どのように指導するのか-」

日 時:2016年8月10日(水) 18:00~

場 所:南九州大学 都城キャンパス・環境教育センター(ひばり館1階)
    および 南九州大学 宮崎キャンパス・1号館大会議室(TV会議による参加)

内 容:「農」を通した主体的・協働的な学び

 1)「子ども教育学科の学生を対象とした農業実習」
   講師:川信修治(環境園芸学科・教授)

 2)「小学校の総合的学習における米作り ESDの視点に立った教育実践紹介」  

申込み・問い合わせ:
   南九州大学都城キャンパス(環境教育センター担当)
   電話 0986-21-2111 (参加人数把握のため可能な限り事前に申込みください)
   メール:nankyu.eec@gmail.com
**************************************************
 せんせいを目指すみなさんも、ESDに興味のあるかたも、是非、聞きに来てください。
b0200010_16161942.jpg

[PR]
# by nankyu-eec | 2016-08-03 16:19 | ・センター便り

都城市内の小学校で「水辺環境調査」をサポートしました

7月8日(金):
都城市立南小学校の総合的な学習の時間に実施された環境学習を
子ども教育学科の学生がサポートしました。

この授業は、都城市が実施する小学校対象の出前授業「水辺環境調査」を
市環境政策課よりの依頼を受け、平成26年度より本学学生がお手伝いして
いるものです。

当日は、あいにくの豪雨のため、予定していた大淀川での調査ができず、
教室内での授業となりました。
b0200010_23422039.jpg

今回は、5月に県の指導者研修を受けた学生を含めて4名の学生が、
PACテストや透明度測定など、児童の実験・観察を指導・補助しました。
b0200010_20592671.jpg

前日の7日(木)は、高崎麓小学校の「水辺環境調査」を、
学生1名がサポートしました。


環境教育センターでは、地域と連携することで、子どもたちの環境教育を
サポートするとともに、学生たちが環境教育の指導法を実践的に学ぶ機会を
頂いています。

今回の授業も、学生たちは環境教育の指導について、
たくさんのことを学ぶ機会となりました。








[PR]
# by nankyu-eec | 2016-07-17 20:55 | ・学生による実践活動

宮崎県主催「水辺環境調査研修」に学生が参加しました

5月13日(金)

宮崎県環境管理課が実施した「水辺環境調査研修」を
子ども教育学科 4 年生 4 名が受講しました。

この研修は、市町村の環境事業担当者向けに宮崎県が開催しているもので、
都城市環境政策課から協力依頼を受け、
平成26年度より本学学生も参加しています。

午前中は衛生環境研究所での座学。
午後は、加江田渓谷へ移動して、実際に調査を体験しました。
b0200010_20232440.jpg
全体説明の後

b0200010_20232460.jpg
「水の透明度」や「自然の音」「景観」「水のにおい」を調べ、

b0200010_20232363.jpg
次は水生生物の調査

b0200010_20232381.jpg
専門家からの説明を真剣な表情で聞き、

b0200010_20232322.jpg
学生たちも川に入り、石を起こして、水生生物を採集しました。

b0200010_20232373.jpg
カワゲラ、トビケラ、ヘビトンボ......
少しの時間にたくさんの種類の生物を見つけることができ、
学生たちも楽しみながら調査の方法を学ぶことができました。


研修を受けた学生たちは、都城市内の小学校が総合的な学習の時間等に実施する
「水辺環境調査」に参加し、子どもたちの調査のサポートを行います。

サポートの様子は、これから随時アップしていきます。





[PR]
# by nankyu-eec | 2016-07-09 14:27 | ・学生による実践活動